一戸建て・注文住宅(田辺・上富田・白浜・みなべ・印南・日高)のことなら小山工務店まで 

 

「ほんまに~?」な体験談

 

体験談① 鼻炎が・・・

体験談① 鼻炎が・・・
フォーム
 
①たった数分で 鼻炎が・・・ 
 毎年訪れる鼻炎
 
「少しでもラクになれば・・・」と思いで
 
 寝室をもみの木仕様にいていただいたY様。
 
 
 
 完成したのはちょうど鼻炎時期。
 
 家の中でも箱ティッシュを持ち歩いているそうですが
 
 寝室に入ると・・・数分で鼻水が止まる  そうです。
 
 で、不思議なのは
 
 他の部屋に行くと・・・鼻水が出るということでした。(汗)
 
 

効果には個人差はあると思いますが
 
ここまですぐに効果が出るとは・・・
 
当社の方が「ほんまに?」と聞いてしまいました(汗)
 
今では 「もみの木にしてよかった。」
 
と言っていただいているので、嬉しい限りです。
 
 
もみの木は、呼吸器系にいいので 
北欧では 乾燥して喉を傷めやすい冬の季節に、
室内に もみの木(クリスマスツリー)を置くのは
こういう理由からという説もあります。
 
 
 もみの木内装材を考えられている方は
 
 まずは 建設会社へ
 
自然乾燥」なのか「機械乾燥」なのか
 
      を確認してみてくださいね。
 
 
 
 
 「自然乾燥」だから
 
もみの木の貴重な成分を温存していますよ。
 
 
 

体験談② ペースメーカーの寿命が・・・

体験談② ペースメーカーの寿命が・・・
フォーム
 
②ペースメーカーの寿命が・・・
もみの木の家の完成体感見学会へ
 
長い間、体調がすぐれなかった母を心配して
     体感に参加してくれたことがきっかけでした。
 
 
 
お母さんは 咳が続き 夜もなかなか眠れない日々が続いていたそうです。
 
理由がはっきりしない頭痛も続き、
昼間もほとんど横になっているとの事でした。
 
また咳が続いているせいか
ペースメーカーに負担がかかり
機械の損耗が通常より1年半も早くなっていると
         お医者さんに言われたそうです。
 
 
見学会場へ来たものの
体調が悪いため、「やっぱり帰る。」と言っていたそうですが
一緒に来ていたお孫さんたちに
「せっかく来たんやから、ちょっとだけ・・・。」と。
なんとか 会場へ入ってもらったそうです。
 
室内を見たら、すぐ帰る予定が
しばらくすると
「あれっ?頭痛がしない・・・。」
「あれっ?呼吸がラクになったような・・・。」
「あれっ?咳が出ない・・・。」と。
 
すぐに帰る予定が しばらくもみの木の床に座っておられました。
 
これを見ていた娘さんから
「お母さんの部屋をもみの木へリフォームしたい。」
              とのご依頼がありました。
 
 
住みだしてから 体調をお伺いすると
咳がほとんど出なくなり、夜もぐっすり眠れるようになったそうです。
また1年半も機械の損耗が早くなっているといわれた
             ペースメーカーも 通常に戻ったようで。
今では 外出もできるようになって
            日々元気になっているそうです。
 
 
「森のお医者さん」と呼ばれる「樅(もみ)の木」
 
 
もみの木の家に住んで
 
花粉症・アトピー性疾患・アレルギー性鼻炎・喘息などの症状が
軽減または改善したという事例が多数あります。
 
 
 

体験談③ 喘息が・・・

体験談③ 喘息が・・・
フォーム
 
③「半信半疑」から始まり
喘息の息子のためにと・・・
勧めてくれたのが「もみの木の家」でした。
 
よく知っている杉やヒノキではなく
よく知らない「もみの木」。
 
正直、少し不安でしたが
実際に体感して、
住んでいる方からの声などを聞かせてもらって
聞けば聞くほど 興味深々になっていきました。
 
 
 
予算が余ったら・・・から家全体に。
 
建った後で、息子の喘息を見た時、
「あの時しとけばよかった。」と後悔しないために
一部だけでなく「もみの木の家」にしてもらいました。
 
 
住み始めて1年
 
季節によって発作が起きていた
        朝方に続く咳。
 
いつの間にか なくなっていて。
 
私たち夫婦の睡眠時間も増えました。(笑)
 
今では
裸足で歩き回子供たちに心地いい床と
ぐっすり寝ている寝顔を見ると
「もみの木の家」でよかったと思います。
 
嬉しいおまけの効果♪
 
 
ギターの弦の交換時期が長くなりました!!
 
           音の響きも いいそうです。
 
 
1
 

体験談④ ニオイが・・・

体験談④ ニオイが・・・
フォーム
 
④ 消臭剤より・・・虫が・・・
建て替えをする前
 
玄関に飼っていた鳥のニオイが
     気になっていました。
 
もみの木の家になってからは
       気になりません。
 
 
また虫の数も前よりぐっと減りました。
 
梅雨時期~夏のジメジメ感も少なく、
エアコンを使わず過ごす時間が増えました。
 
 
 
 

⑤体験談 足裏が・・・

⑤体験談 足裏が・・・
フォーム
 
ふと気づくあれこれ・・・
2019-06-01
「足裏が痛い」
 と つぶやく70歳後半の父。
 
父の仕事は農作業。
 
一日中立ち仕事も多く、忙しい時は 
朝早くから夜中まで作業をしています。
 
いつも元気なお父さんですが
最近なぜか 足裏が痛いそうで
部位でいうと
 
 
痛みを例えるなら
 
裸足で砂利の上を歩いているような
     結構な痛さらしい・・・。
 
靴を履いているときは
まだなんとか 普通に歩けるみたいですが
家に入って
フローリングを歩くときが超痛いらしい・・・。
 
スリッパは履くものの 痛みは続き
畳やじゅうたんを歩くときは
フローリングよりはマシ だそうです。
 
 
そこで気になったのが
「床によって痛みの感じ方が変わるものなのか?」
 
試しに もみの木の床を歩いてもらうことに・・・
 
もみの木の床は 浮造り仕様
 
 
足裏が痛いと言っている方には
       ますます痛そう・・・
 
父も 恐る 恐る 1歩・・・2歩・・・
 
「あれ?」
 
その後も 歩き続け
 
「あれ? なんでなん??」
 
どうやら 結果は
痛くなようで 驚いていました。
 
次は 裸足になってもらい
     歩いてもらいました。
 
すると
「歩いている方が気持ちええわぁ~♪」と。
 
あれだけ歩くのが苦痛と言っていたのが
その後も歩き続け
足裏の 「激痛」 から
    「心地いい」に変わっていました。
 
父にとっては
多少の違いはあっても「床」は「床」
         でしたが・・・
 
今回はどうやら
「違い」が実感できたようです。
 
 
 
この話をお客様に話していると
 足裏に魚の目ができているという事で
またまた裸足で試していただきました。
 
(魚の目の場合はどうなんだろう?)
 
結果は 「全然痛くない‼」という事で。
 
床によって 
歩くのが苦痛になったり
    心地よく感じたり
こんなにも違うものなのかと
私自身改めて実感させていただきました。
 
ちなみに 二日酔いの方が
もみの木の床を歩くと
「痛い」と感じる方がいました。(笑)
<<小山工務店>> 〒646-0014 和歌山県田辺市新万17-3 TEL:0739-24-8128 FAX:0739-24-8137