「長期優良住宅です。」って聞くと

どこの会社で頼んでも同じ性能のような気がしますが、そうでは ありません。

 

日本の住宅の建設基準を一番厳しく定めたのが長期優良住宅になります。

耐震性能・断熱性能・劣化対策・維持管理の事まで

一定の基準を満たさないと「長期優良住宅」とは認めないよ。っていうものです。

 

一定の基準。ってところが ミソですね。

 

例えば、耐震等級は2以上となっています。

耐震等級2の家もあれば、最高等級3の家もあるって事。

さらに上をいく制震などが加わっても 耐震等級は変わりません。

制震ダンパーで制震構造になっていた方がより安心だといえますが

長期優良住宅でいえば どちらでもいい事になります。

 

 

断熱性能でいうと2022年10月以降は

「断熱等性能最高等級4」から「5」以上に変わりました。

いわゆるZEH基準以上にしてね。ってお話です。

 

もみの木ハウス・わかやまでも

「断熱等性能4」から「5」の申請に変わりました。

数値だけでいうとそもそもZEH基準以上ですので

体感は変わらないけど、書類上の数値が変わるね。ってお話になります。

ここに関しても

長期優良住宅では 基準以上なら、どちらでもいい事になります。

なので、断熱性能は数値で判断するのではなく、実際に体感される事をお勧めします。

 

長期優良住宅もさまざまです。

中身をしっかり聞いておきましょう。

 

聞かなくても分かる方法があります。

基準ギリギリの場合は

「うちは長期優良住宅が標準仕様です!!」と言うでしょう。

 

長期優良住宅基準以上の場合は

基準は耐震等級2以上ですが、当社では3になります。

耐震+制震が標準仕様になっています。とか言うでしょう。

 

価格の違いは住宅性能の違いだったら意味がありません。

中身を聞いて、体感で 実際に確認しておきましょう。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま LINE公式アカウント

もみの木ハウス・わかやま LINE公式アカウント

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・宮崎」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。