地球温暖化に対する取り組みとして

二酸化炭素を減らすための省エネ住宅は主流になりつつあります。

 

一方、日本のゴミの排出量は年間4000万トンを超えるとも言われています。

ゴミ処分には ゴミの運搬、焼却で二酸化炭素はたくさん排出されています。

 

いくら 住宅の性能が良くなっても

ゴミの量が増える生活をしていれば

地球温暖化対策としては・・・?

家の中を見てみると

使い捨ての物は かなり多いので

ゴミが増えるのは当然かもしれません。

 

例えば

#布団、カーペットや絨毯、マット、スリッパなど。

#除湿剤、芳香剤や消臭剤。

#家電製品、家具や雑貨など。

一生のうち、定期的にまたは数回は買い替えている物になります。

壁紙や畳、フローリングなんかも

傷んでくれば 張替えが必要になってきます。

これが ゴミとなる。

たった一軒でも

一生のゴミの量を換算すると かなりの量になります。

 

これを少しずつでも減らす事ができれば

地球にとっても 家計にとっても

本当の省エネ住宅といえるのではないでしょうか?

 

ですが、普段からしていない事に関しては

「今日からがんばろう!」と思っても

なかなか続けることは難しいのが現実です。

 

それが「不要な物」になったらどうでしょう?

「買わない」という事はできますね。

 

普通の家なら必要な物でも

もみの木ハウスの家なら

不必要な物が増えるので 買うものが少なくなる。

結果、ゴミが減らす事が可能になります。

 

もみの木ハウスの環境は

①床が心地いい&調湿効果で

カーペットや絨毯、マットやスリッパは不要になります。

②消臭効果や調湿効果があるため

芳香剤・消臭剤、除湿剤は不要になります。

③空気の浄化作用や調湿効果があるため

空気清浄機・除湿機・加湿器は特に必要ありません。

④長持ちする床なので 張替えが不要になります。

⑤壁紙は張替ではなく、自分で自然塗料が塗れます。

 

不要になる事で、買替もなくなり、

新たなゴミも減らすことができますね。

 

地球温暖化対策の省エネ住宅。

光熱費削減だけでなく・・・

ゴミをどれだけ減らせるかは

内装材の選び方次第といっても過言ではないでしょう。

 

今後 ゴミ代の値段が より上がる可能性が高い。

昔は粗大ゴミでさえ無料でしたから。

 

不要な物が増える家づくりは

自分たちが暮らしやすくなって

無意識だけど

地球温暖化対策にも貢献できる事が増えるかもしれません。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。