もみの木の内装材は「柾目の無節」という材料です。

柾目とは木目がまっすぐに入っている材料で高級材とされているものです。大きな木からしか取れません。

よって、国産の間引き材では難しい。取れるのは板目という材です。

小径木なので当然ですが節がある。

木の枝が節の元で、木が小さいと、どうしても節が出てくる。また大きな木でも枝打ちとかの手入れが

していないと節が出てきます。

柾目の材は調湿の機能があります。よって柾目の板は「おひつ」「落しフタ」「すしおけ」とか水分を

調整するために使われます。

板目の材では「船」「酒樽」「味噌樽」など水分をとどめておくための材料として昔から使われてきました。

なので「木は調湿します」というのは、あまりにも無謀なお話だと思います。

水を通す柾目は調湿しますが、板目は水を止めるのが得意です!!

またこの二つの材は材の動きも違ってきます。字をよく見てもらうと分かるのですが、柾目の柾は木に

正しいと書きます。よって板にした場合は横方向に寸法変異しますが、反ったりはしません。

なので建具などに使われる訳です。変形したら建具が動かなくなりますからね!!

板目の板は木に反ると書くのでその字の如く「反る」という特性があります。年輪が伸びる感じで反ります。

なので、建具などには使えません。

木は材料の取り方で、使い方など特性が変わると言う事は覚えておいた方が良いでしょうね!!

 

最後に、木の乾燥方法でも変わります。人工乾燥と自然乾燥です。木の色々な特性、機能は自然乾燥した木

だけのものです。

色々な木の説明を受けた後に「それは人工乾燥ですか??自然乾燥ですか??」と聞く事をお勧めします!

答え次第では、説明が嘘だと言う事になりますからお気を付けて下さいね!

「木の家」「健康住宅」など、あまりにも大きなくくりですから!!(笑)

 

 

もみの木の家をイベントで体感

代表者 小山 健(こやま けん)

小山健

新築・リフォーム・店舗改装はもちろん、ちょっとした修繕も「もみの木ハウス・わかやま」にお任せください。新しい技術とノウハウをもって誠心誠意お答えさせていただきます。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
インスタグラム:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。