今は建物に24時間換気システムは当たり前になりました。

その理由として気密性の高い住宅が増えて

シックハウス症候群を予防することがあげられます。

 

ではどうしてシックハウス症候群を予防することが必要なのかというと

家の中は化学物質だらけだから・・・。(汗)

そのリスクを減らそうというのが24時間換気システムです。

簡単にいうと

昔は隙間だらけの家で勝手に換気できていたのが

今は意識しないと換気ができないからという事です。

 

家の中の空気って

内装材や家の中に入れる家具などによって作られていきます。

 

シックハウス症候群の予防と考えるのなら

高温になると揮発するような素材を使わない方が

よっぽど対策になると思うのですが。。。

どんどん性能の良い換気システムが開発されています。

 

なんか変だと思うのは私だけでしょうか。

例えば

壁や天井などの壁紙がビニールクロス、

カラーフロアなどのベニアの床だった場合は

夏の高温になる状況では揮発する化学物質は多くなります。

 

では無垢材&塗り壁だったら大丈夫かというと

木のニオイも化学物質です。

中には「ヒノキアレルギー」「杉アレルギー」を発症する人もいます。

塗り壁も自然素材だけでできていればいいのですが

つなぎ材が樹脂だと空気中で揮発していきます。

 

そして生活が始まると

家のニオイが気になるため、芳香剤が入ってきます。

芳香剤も化学物質です。

洗濯物のニオイも気になるため

柔軟剤でニオイをごまかしたりします。

またまた化学物質です。

 

そしてゴキブリとかが出るから

防虫剤を置く。 etc…

 

ホームセンターなど売られている3段ボックスや

家具に使われる塗料やシート張りなんかも

化学物質が揮発しています。

家具や芳香剤などは規制がないので、よりやっかいです。

 

化学物質は今の住宅事情には欠かせないものになってきています。

なので勝手に換気ができない今の住宅事情では

24時間換気が必要になってきます。

 

それでも

よくわからない頭痛や鼻炎や咳などに悩まされたりする。。。

 

一般的には その環境が当たり前だったりするので

性能のいい換気システムを・・・と考えるかもしれません。

もみの木ハウスの場合は

住んでいるだけで

調湿、消臭、害虫忌避、空気の浄化までしてくれる。

だから、芳香剤や空気清浄機なども不要になります。

なので 性能のいい換気システムは いらないですね。

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
インスタグラム:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。