もみの木の家で使用される もみの木の床。

 

浮造り(うづくり)加工の

凹凸がある床材になります。

 

何のために浮造り加工をするのか?

そこには ちゃんとした理由があります。

①足などが触れた時

空気層ができるため、保温性が高くなる。

②凹凸があることで心地いい刺激になる。

この刺激は健康への効果も高く

血圧やストレスの安定にも役立つそうです。

③滑りにくくなる。

ペットのストレス防止にも効果的です。

④傷がつきにくくなる。

木には夏目と冬目というものがあります。

やわらかく傷が付きやすい部分(夏目)を

初めから削っているため傷がつきにくくなります。

 

 

なおかつ 自然乾燥+柾目(まさめ)

やわらかく、弾力性があるため

歩行衝撃が少なく、足腰への負担が軽減されます。

夏はサラッと冬は冷たく感じにくい肌ざわりで

一年中 スリッパなしで過ごすことができます。

どれか1つでも欠けたら同じ感触は味わえません。

 

当社の社長は 床に座る時は必ず座椅子が必要でした。

理由は床に座っていると腰が痛くなってくるからだそうです。

座椅子をつかっても 痛いと言っていましたが・・・(汗)

 

もみの木の床は 直に長時間座れるし、疲れにくい。。。

座ってたら なんだか ポカポカする。。。

社長が最初に もみの木の家が気に入ったポイントだったそうです。

今では 直に もみの木の床で

お昼寝まで しています。(笑)

子供から大人まで そしてペットにも

やさしい もみの木の家。

 

床はどれも同じ!!」と言っていた父が

足裏が痛くて つらがっていた時

もみの木の床では

「痛くない。。。むしろ気持ちいい!!何でなん?!」

と言いながら素足でしばらく歩き回っていた時は

かなり 笑ってしまいました。

 

そんな 心地いいもみの木の家が体感できる見学会。

もみの木の家 in 白浜町堅田 にて

予約受付中です♪

 

 

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。