救急搬送される事故のうち

転倒によるものも多いそうです。

 

特に高齢になるにつれ

転倒事故率は高くなっています。

その中でも

多くが住居で起こっています。

 

転倒対策として

段差を解消したり手すりを取り付けたりする事もできますが

費用がかかってしまいます。

なので、

その前に転倒対策をしてみましょう。

家の中の動線に

物が溢れていたり、電気コードなどがあると

それだけで危ないという事になります。

整理整頓が大切ですね。

 

家具を置いたり、配置を変えたりする事で

手すりの代わりにしたり、

床に物を置かないよう工夫もできますね。

 

カーペットや玄関マットなどは

ツルツルした床に敷くと

マットなどが原因で転倒ということがあります。

滑りにくくするために滑り止めは必要です。

 

スリッパや靴下は

カーペットやマットなどと同じく

滑りやすくなるため、転倒の危険が高まります。

 

 

家の中は意外と危険がいっぱいです。

それは

床は ツルツルしたものが当たり前で

そもそも滑りやすい床になっているからですね。

 

転倒の危険が高まる暮らしに どうしてもなってしまうという事。

 

年齢を重ねても快適に過ごせるよう

まずは床から考えてみませんか?

ヒヤッと感じにくく、調湿がある床にするだけでも

転倒防止のリスクを軽減することができます。

カーペット、マット、スリッパも不要になります。

 

リスクを軽減するだけでなく、メリットも。

#歩行衝撃が少なくなり、衝撃時のショックを和らげてくれます。

#足裏がベトベトしないので裸足生活も快適になります。

#スリッパ要らずの環境で足の臭いの原因を軽減してくれたりします。

 

ただの床と思われるかもしれませんが

リスクになるのか?メリットになるのか?

変わってくる重要な部分です。

 

なので

もみの木ハウスの家づくりは

フォレストキングのもみの木の床を使用しています。

「床」って 家の中で一番触れる部分です。

 

心地いい肌ざわりになるというだけでなく

上記のようなリスク軽減&メリットもあります。

※メリットはまだまだ他にもたくさんあります。

 

もみの木の家で暮らしていると

小さな子供さんが友達の家にいくと

「よく滑ってこける。」というお声を耳にします。

 

それだけ もみの木の床は滑りにくいという事です。

ペットのストレス防止にも役立ちますね。

 

新築やリフォームをする際は

のちのち お金がかかる・・・という事にならないためにも

「床」に注目してみてください。

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。