「家」は モノの集合体です。

 

使うモノを変えるだけで 何十万、何百万と簡単に変わります。

それが 1つ、2つ、3つ。。。。

何を使うかで 数百万円の差になるのが家というものです。

 

例えば

#地震に強い家を作るためには 構造計算が必要になります。

これをするのか、しないかだけでも価格の差が出てきます。

地震の時の揺れを軽減してくれる構造かでも

これまた差が出てきます。

 

#夏涼しく、冬温かい環境にするためには

断熱材だけでなく 窓、玄関ドアの性能も重要になります。

性能が低いものと高いものと比べれば 大きな差が出てきます。

省エネ性には 気密は必要不可欠なので 施工の手間もかかります。

 

#内装材は 選ぶものによっては 数百万円の差が出ます。

暮らしが良くなって長持ちするものもあるし、そうでないものもあります。

 

#維持管理費は のちのち差が出てくる部分です。

外壁材・内装材など

その種類によっても 将来のランニングコストに差が出てきます。

 

このカラクリが分かると

家の価格の差には理由がある事がわかりますね。

 

会社によって 建物の基本性能は様々です。

安い家には安い理由が 高い家には高くなる理由があります。

(宣伝広告費などに多くのお金を使っている会社もありますが・・・)

 

水廻りや内装材は 見たり触れたりして分かりますが

分からない部分ほど

しっかり確認しておいた方がいいでしょう。

 

もみの木ハウスでは

建物の性能内装材は決まっています。

#万が一の時にも

#のちのちの維持費にも

#住み心地にも

いろんな意味で安心できる家の仕様になっています。

 

標準が 長期優良住宅の認定基準より高い仕様になっているので

すべて「長期優良住宅」になります。

せっかく いい仕様になっていても

証明するものがなければ 税制の優遇は受けれませんからね。

 

何がいいのかの基準がない場合は

色々と選べたり、変えたりできるのかもしれませんが

基準がはっきりしているので、もみの木ハウスのプランは1つだけになります。

家の価格のカラクリがわからないと

見える部分だけで比べたりするかと思いますが

実は 見えない部分の方がお金がかかっていたりします。

 

長く暮らす家の価格 =

購入する価格 + ランニングコスト です。

10年先、20年先、30年先は・・・?

大きなお金だからこそ、

今だけでなく必ずくる将来の事もしっかり頭に入れておきましょう。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。