もみの木の家って

良い事ばかり言ってるけど何がいいのだろう?

 

信じなくていいです。

こういう考え方もあるんだよ。という個人的な感想を書きます。

今回は もみの木の家の効果について

 

もみの木の家を体感した時、

「あれっ?!〇〇だな~」みたいな感じ方は人それぞれです。

中には何も感じない方も いるかもしれません。

そんな中で、私が初めて体感した時、

感じたのが「鼻がとおる。。。」でした。

私と一緒に同行したスタッフは また違った体感をしています。

 

そこから自宅をもみの木リフォームし

それで わかったことがあります。

 

もみの木の家の空間で過ごしていても

普段は鼻がとおっているのに

たまに 鼻がムズムズしたり詰まったりする事があります。

リフォームする前は 薬を飲んで終わりでしたが

この症状はおかしい!!」と思うようになります。

 

すると 分析するようになります。

部屋の中や 暮らし方を考えると 原因がわかる事が多々あります。

 

何が言いたいかというと

鼻がとおる環境に住んでいるのだから、

原因が他にきっとある!!」と思える考え方ができるという事です。

 

薬を飲む事が悪いのではなくて

根本的な原因を見つけないと 薬を飲んで一時的に治まったとしても

症状は 軽減しないよ という事です。

 

自分と同じように花粉時期だけでなく鼻炎症状の息子がいます。

我が家をリフォームして 少しは軽減したものの、自分の部屋は 普通の部屋です。

そして 急に思い立ったのか もみの木のリフォームをしだしました。

リフォームといっても 休日の一日で一人で作業したので床だけです。

リフォームする前は 鼻炎の原因は

布団が原因かも・・・? など言っていましたが

今では 布団を変えずとも鼻はとおるようになったそうです。

症状が落ち着いてくると

鼻がムズムズする際は エアコンを掃除したり。。。(驚)

何かのせいにするのではなく、原因をなくそうとする行動に変わります。

 

もみの木の家は

調湿・消臭・空気の浄化・抗菌など

日本の気候に合った 住む人にとって暮らしやすい環境にしてくれます。

ただ、そこに住む人が根本的な部分を怠ると

いくら良い環境だったとしても 効果を感じなくなる場合もあるよという事です。

 

体感できた方は

その原因を見つける実力があるということです。

私的には「鼻炎も役に立つじゃん!!」と

今まで嫌だったアレルギー症状が今では便利アイテムに変わっています。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。