高気密高断熱の家の暮らしって

どんなイメージでしょうか?

 

隙間風が少なく、夏涼しくて、冬あったかい

そんな良いイメージを持っておられる方も多いかと思います。

 

そのためには、気密性も関係しているため

どれだけ気密が高いか? = どれだけ隙間が少ないか?

を表す数値があります。

ですが、

数値だけで「快適判断」するのは ちょっと早いような気がします。

 

高気密高断熱は 室温が保たれやすくなるかもしれませんが

逆を言えば、空気の入替が自然にできにくい家とも言えます。

 

なので、

①体感温度はどうでしょう?

湿度が高くなりがちな

梅雨時期~夏の時期や、室内干しが続く日などは

湿気が逃げにくい環境だと ジメジメした空気になりやすくなります。

また 室温が快適だったとしても

床が硬い場合は 季節に関係なく

足だけがなんだか 冷えるという現象になりがちです。

 

②室内のニオイはどうでしょう?

玄関、トイレ、生ゴミ、部屋干しのニオイ など

ニオイがこもりがちになっていませんか?

 

③室内の汚れた空気はどうでしょう?

室内には 空気が汚れる原因がたくさんあります。

・ビニールクロスなどから出る化学物質(揮発性有機化合物質)

・家具などの新建材や塗料、ワックス

・芳香剤や消臭スプレー まだまだあります。

 

いくら高気密高断熱になったとしても

家の「快適性」の1つ「室温」だけは満たせても

まだまだ室内の快適までには 難しいかもしれません。

「隙間風が少ない」という事は

「汚れた室内の空気」の入替えも自然には難しいという事です。

 

もみの木ハウス では

家の基本的な性能 耐震性・耐火性・気密性・断熱性に加え、

家の悩みを軽減してくれる内装材までこだわっています。

 

これからは人生100年時代。

100年続く快適性には

住まう人の体の負担をどれだけ少なくできるかが重要になってきます。

「室内の空気」が「健やかな暮らしを守る」。

 

自分の知っている限りでは

それを実現できるのは

今のところforest Bank製の「もみの木」だけになります。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。