天気がいい日は 外へ布団干し。

 

これは よく見る光景ですね。

自分も以前は よくしていました。

 

では、どうして布団を外へ干すのか?

 

寝ている間に 一晩にコップ一杯分の汗をかくといわれているので、

湿気をいっぱい吸った布団は カビやダニが発生しやすくなる。

だから、湿気を飛ばすための布団干しが必要となります。

 

では、 どうして

もみの木ハウスでは 外へ布団干しが不要になるのか?

 

湿度調整をしてくれる室内環境で

床に布団を置くだけで、もみの床が湿気を吸ってくれるからになります。

直に 床に布団を敷いている場合は、

朝、その位置から布団をずらす事で、吸っていた床の水分を飛ばし、

ずらした床の部分が、まだ残っている布団の水分を吸収してくれます。

 

だから、外干しの布団干しの手間がなくなるという仕組みです。

 

布団干しって 結構、重労働です。

外へ持って行って、干して、叩いて、取り込んで。。。

 

それが、寝た所と違う床に置くだけで布団が乾く!!

寝る時は、いつもカラっとしていて気持ちよく眠る事ができます。

 

これは「もみの木の床」だから・・・という訳ではありません。

針葉樹(スギ・ヒノキなど)の

自然乾燥の柾目の床材を使っていたら同じことができます。

 

ただ・・・なかなか手には入りません。

手に入ったとしても、高額でしょう。

また、使用する量を間違えると アレルギーを持っている方には

症状を悪化される恐れもありますので、ご注意ください。

 

 

もみの木ハウスの体感見学会はコチラから ↓

 

↓ ラジオ(和歌山放送)やってます ↓聞いてやってください。

もみの木ハウス通信」毎週土曜日 朝8時25分~8時30分まで

携帯からは アプリ「ラジコ」でご視聴いただけます。

 

↓You-tube もみの木通信チャンネル はコチラから↓

 

もみの木ハウス・わかやま You-tube はコチラから↓

 

 

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・宮崎」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。