木材として利用するためには

木に含まれている水分を適切な量まで下げる必要があります。

そのために乾燥が必要になります。

 

その乾燥方法は大きく分けると2種類。

天然(自然)乾燥」と「人工(機械)乾燥」です。

内装材に使用する

ある材木のカタログを見ていると

たくさんある種類のほとんどが人工乾燥のもので

天然乾燥は たったの2種類でした。

 

理由は

人工乾燥に比べて自然乾燥は日数や手間暇がかかります。

需要と供給のバランスかもしれません。

 

この2種類の乾燥方法

見た目ではわかりにくいですが

住んでいると違いに気づくかもしれません。

 

 

例えば「色艶

人工乾燥の場合

高温で乾燥させるため木の細胞壁が壊れてしまいます。

木 本来持っている油分や、

そこに含まれている有効成分、

水分が貯めることが難しくなります。

 

そのため、木の持っている

「色艶」や「調湿効果」が少なくなります。

 

 

自然乾燥の場合

時間をかけて ゆっくり水分を抜いていくので

細胞壁が壊れにくく、油分も残るため

経年ごとに色艶」が出てきます。

また水分を貯めることができるので

調湿効果」も高くなります。

 

 

そして 「香り

樹種によって香りは違いますが

もみの木 でいうと

もともと微香性の樹種なので

人工乾燥はニオイが少なく

自然乾燥は自然なほのか香りがします。

 

の場合は

人工乾燥は初めのうちはニオイがきつく感じ

年数が経つごとにだんだん薄れていく感じがします。

 

 

木の持つ香りには

森林浴のようなリラックス効果があるといわれています。

ただ・・・「香りがきつくても?」 と個人的には思います。

 

森へ行って

「あっ?〇〇の木のニオイだ!!」と

わかるほど強くは感じませんから。

ほのかに香るぐらいが調度いい。

 

乾燥方法だけでも

「色艶」「調湿」「香り」が変わってきます。

 

長く住むお家です。

同じ無垢材でも大きな差が出てきます。

「人工乾燥」か「自然乾燥」は

確認しておいた方がいいと思います。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
インスタグラム:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。