喘息というと小児喘息のイメージが強いですが

大人喘息が年々増えているそうです。

 

厚生労働省 平成29年患者調査によると

30代から増え始め

40代を過ぎてからの発症率が多くなっています。

 

小児喘息の人が大人になってそのまま再発する確率より

大人になってから発症する確率の方が多いそうです。

 

また小児喘息に比べ大人喘息は

基本的に治りにくいと言われています。

大人喘息の症状の特徴としては

①夜から早朝にかけて出やすい

②季節の変わり目に出やすい

③咳がなかなか止まらない時がある

④一時的な症状が繰り返し起こる

⑤寒冷差、運動やタバコ、ホコリなどで症状が出やすい など

 

もともと喘息持ちではない方が

大人になってこんな症状があっても

喘息とは気づかず過ごしている人も多いのだとか。

 

私自身も数年前までは

大人喘息の特徴そのまま当てはまっていました。。。

もしかしたら大人喘息だったかも・・・です。

自分の咳のせいで、家族にもすごく迷惑をかけていたと思います。

 

今は?というと・・・

咳が全く出ないというわけではありませんが

以前に比べると 症状はかなり落ち着いています。

 

個人差はあるとは思いますが

私自身のケースでいうと

自宅を もみの木リフォームしてから

徐々に不思議と咳の回数が減ってきました。

 

我が家は10数年前の家なので

単体ガラス窓ですし、高気密高断熱ではないので

寒冷差対策は特にしていません。

 

・・・が今は

咳が全く出ないという事ではありませんが

夜ぐっすり眠れるようになりました。

もみの木の家の空間になると

なぜ咳の症状が落ち着くのか?

大きな理由が③つあります。

 

①ホコリの発生源が少なくなる。

心地よく水撒きOKな床なので

各箇所にあったカーペーットや絨毯、

バスマットや玄関マットなどは全て不要に。

 

②調湿・抗菌効果があるため

ダニやカビが発生しにくい環境になる。

③家にいるだけでなんだか呼吸がラクになる。です。

喘息だけでなく健康に暮らすための住まいの考え方は

人によっても様々だと思います。

体のSOS信号も家族によって様々です。

 

内装材の違いだけで

アレルゲンや化学物質が増えすぎる事で

アレルギーの発症率が高くなることあります。

 

家づくりする環境は

ご家族の健康のことを考えたうえで

1時間以上は体感した方がいいと思います。

ぐっすり眠れる環境をぜひ見つけてあげてください。

 

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
インスタグラム:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。