「家の作りやうは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。」

この言葉は徒然草の有名な一説ですね。

つまり

「家は夏を考えて建てるべき。冬はなんとか住める。」

という意味ですね。

 

ただ昔の日本の住宅は とても寒かった。

その住環境の変えたのが

1961年のアルミサッシの導入ですね。

気密が向上していきます。

そして施工が早く経済効率が良い建材が登場していきます。

それにより日本の住環境は大きく変わっていきます。

#無垢の床材から合板のフローリングへ

#土壁からビニールクロスへ

#素足からスリッパへ

 

気密が高く、断熱性能の向上と冷暖房の普及に伴い

現代の日本の住宅は

夏だけでなく冬も快適な温度で過ごせるようになっていきます。

 

・・・が新たな問題が出てきます。

#ホコリが溜まりやすく、ダニやカビが繁殖しやすくなる。

#シックハウス症候群や化学物質過敏症。

 

快適な温度で過ごせる環境になる反面

アレルギー発症率が年々上昇していきます。

 

これは内装材の影響が大きいですね。

 

このデメリットを補ってくれるのが「もみの木の家」です。

その理由は⑤つあります。

①適度な湿度調節

②消臭効果

③室内空気の浄化

④歩行衝撃が少なく冷たすぎない床

⑤害虫忌避効果

 

こういう効果があることで

芳香剤、防虫剤、防臭剤・防カビ剤(絨毯など)

家の中の化学物質を増やしすぎを防ぐ事にも繋がります。

 

現代は家の中の化学物質の量は膨大です。

アレルギーでない方がいつなっても

おかしくない」という状況です。

 

だから、家を建てる時、リフォームする時は

室内の空気環境を変えるチャンスです!!

空気が汚れやすい環境 or 空気が汚れにくい環境。

内装材選びで大きく変わります。

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。