経年劣化」とは

年月の経過とともに

製品の品質・性能が変化し、摩耗・腐食などで

劣化することを言います。

 

人工的に作られた素材にはどうしても限界が出てきます。

 

同じような言葉として「経年変化」があります。

 

何が違うのか・・・?

 

生きた木の場合は「劣化」ではなく

年月の経過と共に「色の変化」を楽しむ事ができます。

 

どんな家も、お手入れをしていくわけですが

劣化していくのか変化していくのか

言葉の意味も大きく変わってきます。

 

当社が扱うもみの木は

自然乾燥のものを使用しているため

成分(精油)が残っています。

お手入れをする度に徐々に艶が出てきます。

艶が出てくるため、

年月が経過するほど お手入れもしやすくなったりします。

 

「艶が出てくる」という事は

貴重な成分(精油)がちゃんとあるよって言う証拠です。

 

だから、当社では

もみの木 本来の肌ざわりを楽しめて

成分(精油)が残っている無塗装のものを使っています。

家の中にいるだけで

いつの間にか

鼻が通ったり、咳が軽減したり、ニオイを分解してくれたり、

空気を浄化してくれたり。。。

精油成分には 住みやすくしてくれる不思議な力があります。

 

 

そして もみの木 は

定期的にお手入れ(水拭き)をしているのかどうかも

床を見れば わかる素材でもあります。

定期的にするほど 艶がキレイに早く出やすくなります。

 

通常の床は

水拭きはなるべくしないように言われたりします。

どうしてか・・・?

表面の塗膜が取れやすくなったり

膨張して元に戻りにくいという現象になったりするからです。

 

もみの木は劣化ではなく変化する素材です。

水撒きもOKなくらい調湿する素材になります。

お手入れすると

それに応えてくれるように きれいな色艶になっていきます。

次の世代まで使い続ける事ができる素材でもあります。

 

買替が簡単で便利な時代ですが

永く使い続けられる素材を選ぶ事で

ランニングコストをかけずに経年変化を楽しむ事ができます。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。