高気密高断熱の住宅。

いい事ばかりのように見えますが本当にそうでしょうか?

 

高気密・高断熱のメリットは

①外気の影響を受けにくく、室内の温度を一定に保つことができ

一年を通して快適に過ごしやすくなります。

②光熱費の電気代等の多くは冷暖房の使用によるものと言われているため、

光熱費を軽減する事ができます。

 

高気密・高断熱のデメリットは

①石油ファンヒーターやストーブは使えません。

・結露が起こりやすく、カビの原因になる。

・一酸化中毒の危険性が高まる。

・空気が汚れる   から。

②湿気やニオイだけでなく

室内で揮発している化学物質も逃げにくい状態になります。

 

理由は簡単です。

気密が高いという事は

自然に空気の入替ができないからです。

 

今は非常に多くの化学物質が

家の中に存在しているのをご存知でしょうか?

①防カビ・防臭加工など(衣類・じゅうたん・カーテンなど)

②消臭剤や芳香剤、香水

③防虫・殺虫剤

④防湿剤・防カビ剤(収納など)

⑤洗剤・柔軟剤

⑥塗料・ワックス(家具・床など)

⑦可塑剤(ビニールクロス) など

あげればキリがないほどです。

 

24時間換気システムを使用しても

室内から出る臭いと湿気に 多くの化学物質まで。

換気が間に合わないという状況になりやすいのです。

 

メリットがある分、リスクもあるという事です。

 

高気密高断熱住宅のメリットを生かしつつ

リスクを軽減するためには 内装材選びが重要になります。

それが 「もみの木の家」になります。

もみの木から出るフィトンチッド。

調湿・消臭・空気の浄化・抗菌などの効果のおかげで

余計な化学物質の取込みすぎを防ぐ事ができます。

心地いい床のため じゅうたんやマットなども不要になります。

 

昔はなかったシックハウス症候群・化学物質過敏症など

アレルギー症状になる方が増えています。

理由はあきらかですね。

いつなってもおかしくない状況で暮らしているからです。

 

今は高気密高断熱住宅は当たり前になっています。

住まう家族が健康な家づくり。

「本当か・・・?」

内装材を見れば すぐわかる事があります。

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。