外観はどれも同じように見える家ですが

同じ大きさでも 価格に差があったりします。

 

何が違うのでしょう。

設備や内装材が違う場合は

見て判断することができますが

家の性能基準は、どうでしょう?

 

家が建つと隠れてしまう部分です。

コストを抑えようと思えばしやすい部分でもあります。

 

そんな事を言ったって素人にはなかなか難しい。。。

と思っていませんか?

 

簡単な方法があります。

「長期優良住宅ですか?」と聞いてみましょう。

長期優良住宅の認定の条件には

①耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上

②劣化等級 (構造躯体の劣化対策)3以上

③断熱等性能等級(省エネルギー性)4以上

④維持保全管理(メンテナンス性) 3以上

などの基準があります。

 

認定長期優良住宅なら

素人では なかなかわかりにくい部分も

特に重要な上記の4項目は高い性能が確保されているので安心できますね。

認定長期優良住宅は一般的に 通常の家よりも価格は高くなります。

ただ将来を考えると

通常の家よりは資産価値は高くなり、税金の優遇もあります。

 

 

もみの木ハウスの家では

全てが認定長期優良住宅になります。

 

そして耐震は 最高等級の3になります。

 

+住友林業イノス技術スタッフによる

「第三者による現場チェック」が入ります。

申請内容に適合しているかの入念な検査です。

現場の技術や管理が 担当や職人よって違う・・・

なんてことができない家づくりになっています。

 

 

見えない部分にお金をかけるより

見えるデザインや水廻りの設備などにお金をかけた方が

売れる家になるのかもしれません。

 

 

もみの木ハウス・わかやまでは

売れる家づくりではなく

健康に快適に安心して住まい継げる家として

認定長期優良住宅+もみの木の家を標準仕様にしています。

家づくりでは後回しにされがちな内装材ですが

どんな素材を使うかによって

住みだしたその日から住み心地が大きく変わる部分でもあります。

 

家の基本性能は大切ですが 内装材も大切な部分なります。

なので内装材は

どんな理由(効果など)で使っているのかは

最初のうちに確認しておいた方がいいですね。

 

判断基準を落とせば

家はいくらでも安く建てることが可能になりますが

もみの木ハウス・わかやまでは

落とせない大切な部分になります。

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。