住環境の空気って

多くは内装材で作らているのをご存知でしょうか?

 

人は1日に約12,000ℓもの空気を体内に取り入れています。

500mlのペットボトルの水で例えると24,000本分にもなります。

そのうちの約6割は室内環境が占めているので

毎日、室内の空気を

14,400本分、体内に取り込んでいるという事になります。

 

住環境の空気の影響は

体にも大きく影響する事が知られています。

 

現代の住宅に使われる建材は

ホルムアルデヒドの放散量が少ないものが主流になりました。

そして、ほとんどの家では

カラーフロアやビニールクロスが使われています。

いくらホルムアルデヒドの放散量が少ない物を使っていても

たくさん使うと どうなるのか・・・?

少ないではなく、多くに変わるという事です。

 

そこに

消臭・芳香剤、除湿・乾燥剤、防虫剤に加え

床の塗料やワックス、防臭・防カビ加工された絨毯などに

新建材で作られた家具などから出る化学物質が加わります。

多くではなく、膨大に変わるという事です。

 

今は高気密住宅です。

膨大な化学物質の室内空気は自然に外へは なかなか出ていけません。

24時間換気システムはありますが

あくまでも軽減するためのものと思っておいた方がいいでしょう。

 

根本的なところを解決しないと

窓を開けて換気をしたとしても また汚れるの繰り返しになってしまいます。

 

年々アレルギー疾患を有する人口は増加し

日本の国民2人に1人は

何らかのアレルギーを持っていると言われています。

 

これは、もしかすると

住環境のリスクを伝えず

施工がしやすく、安価でクレームが少ない物を選ばせている

作る側の責任もあると思います。

室内の空気環境に大きく関わる内装材は

予算が余ったら・・・ではなく

初めに考えておかないと体に影響が出る方が増えています。

 

それをわかった上で選ぶ方はいいと思いますが

知らない方は予算だけで勝手に決められている可能性が高い。(汗)

 

もみの木ハウスの家では

もみの木から放散されるフィトンチッドにより

室内の浄化作用があるため

人体に影響する化学物質の取込みすぎを防いでくれて

住む事で健康的に快適に毎日過ごす環境が実現できます。

 

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。