昔と比べると

今の住宅は収納が充実するようになりました。

 

各部屋にはクローゼットやウォークインクローゼット。

 

玄関には シューズクローク、

キッチンにはパントリー。

押入れに多目的収納など。

 

あると便利な収納ですが

必要以上にありすぎると物が溜まりやすくなります。

冷蔵庫を思い浮かべてみてください。

保存できる量しか買わないと思います。

 

それが巨大な冷蔵庫だったら・・・

もっと購入しているかもしれません。

 

購入したものを使いきれる方はいいでしょう。

通常の冷蔵庫の大きさでさえ、消費期限がきれて捨てている・・・

という方は、物を買いすぎる(溜める)傾向にあります。

 

それが収納にも同じ事が言えます。

賃貸アパートから一軒家になるだけでも収納力は十分増えます。

 

なおかつ、使うかもしれないから・・・という理由で

収納をできるだけ多く作って欲しいという方は

モノが捨てられない、または必要以上に買いすぎる傾向にあります。

 

自分の経験でいうと

収納場所が多い程 モノが増える傾向になりやすい。

とりあえずの収納があることで

「とりあえず置いといて・・・」となる。

収納がいっぱいになると人は整理をしますが

置く場所があるほど、整理する機会が減ってしまいます。

いっぱいになるまで溜まっていく。。。

 

同じ予算で 収納力を充実させると居住空間が狭くなります。

または、家が大きくなり、コストが高くなってしまいます。

 

通常の家と比べると

もみの木ハウスの家はモノが少なくなります。

各部屋の絨毯やカーペット、

マット(玄関、バス、キッチン、トイレ)や

除湿剤や芳香剤にそれをストックする事も不要になります。

 

将来は夫婦二人暮らしです。

つまり二人暮らしの期間の方が長いということ。

本当にそこまでの収納が必要なのか・・・?

 

使わないものはリサイクルや処分して

実際に必要な物の量を家族にも把握してもらいましょう。

 

のちのち処分で大変な目に合わないために。。。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。