住宅雑誌を見ていると

言葉と矛盾している写真が多いですね。。。

 

例えば「木の温もりを感じる家」。

一部の部屋の床は 木(無垢材)を使っていますが

他の床は カラーフロアやクッションフロア

壁紙はビニールクロスです。

 

唯一使われている無垢材の床は塗料が塗られています。

さて一体 どこで木の温もりを感じる事ができるのか・・・?

 

 

例えば「自然素材をふんだんに使った家」

どれくらい自然素材を使用すれば「ふんだん」となるのか?

建てる側からすれば 家全体をイメージするかもしれませんが

住宅会社によっても色々で

予算によっても変わるのが一般的です。

 

曖昧な言葉は もしかすると

本音が言えないという事かもしれません。

 

写真を見ていると

ビニールクロスを占める面積が一番多くても

「ビニールクロスをふんだんに使った家」とは言いませんから。

 

また「自然素材」も曖昧な言葉です。

何の自然素材なのかが書かれていない事が多い。

無垢材にウレタン塗料などが塗られていて

肌触りはカラーフロアと同じになっても自然素材ですし

つなぎ材が入った塗り壁を使用して

空気が悪くなるものであっても自然素材です。

 

中身はどうであれ

自然素材をふんだんに使ったら

通常は 健康にいいイメージになるみたいです。

 

イメージだけで選ぶのは 自分はかなり怖いです。

木の温もりも効果もないけど・・・

見た目だけで選ぶにはいいかもしれません。

 

効果がなくても「自然素材」は自然素材です。

嘘は言っていません。

でも「健康」が付いてくると

「何が健康にいいんですか?」は

聞いておいた方がいいでしょう。

 

住宅会社に こだわりの素材がないという事は

どんな素材でも使うという事です。

要望によっては

どんどん変化していくので おもしろいですね。

 

それに比べると

もみの木ハウスの家は おもしろくないのかもしれません。

要望によって内装材の仕様を変える事はありません。

おもしろくはないかもしれませんが

住み心地と健康に過ごせる環境は変わる事はありません。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。