「薬」は症状を緩和してくれる便利な物かもしれません。

 

ただ、どんな薬にも 副作用が伴います。

 

風邪薬も その一つ。

お医者さんの多くは「風邪薬を飲まない」とTVで見た事があります。

 

風邪の9割以上の原因は、何らかのウィルスに感染して起こる病気。

それに対して 風邪薬は

症状を抑える事はできても ウィルスにはほぼ効かないから。

・・・だそうです。

 

副作用としては 体の有益な細菌まで殺してしまう。

免疫力を下げて、逆に治りが悪くなる可能性があるそうです。

 

しっかり水分補給、ゆっくり寝て症状が良くなるようであれば

「薬」に頼り過ぎは 控えた方が良さそうです。

 

 

さて、私たちの暮らしにも いろんな「薬」が存在しています。

「防カビ剤」もその一つ。

昭和40年頃から 住宅用のサッシの普及に伴い、

隙間風で 勝手に換気できていた環境から一変します。

そこにきて、水分が発生する水廻りは全て家の中へ。

結露や水滴が室内にこもり易くなり、カビ問題が増加していきます。

 

 

そこで!! カビ対策として

建材に防カビ剤という薬を添加するようになります。

他にも たくさんの薬が使われるようになりました。

 

カビは生えにくくなって よかった。よかった。

・・・となればいいのですが

今度は シックハウスになる人が増え始めます。

 

見えるカビは 対処しようとしますが

見えない空気汚染は 対処が難しくなります。

 

薬の効果があるうちは 揮発して空気が汚染されていきます。

薬の効果が薄まってくると 今度はカビが発生し

再び、薬が添加されたものを使用し、

またまた汚染された空気を吸い続けることになります。

便利な薬は、建材以外にも家具、身近な物にも。

1つだけでも リスクが高い物は たくさんあります。

 

飲む薬も 家に使われる薬も。

便利かもしれませんが、使用するなら副作用は必ずついてくる。。。

と思っておいた方がいいでしょう。

 

住宅の気密はどんどん上がっています。

内装材に含まれる「薬」には充分にご注意ください。

 

今は大丈夫でも・・・将来は誰にもわかりません。

 

 

「空気清浄機よりキレイな環境 」見学ご予約受付中です!

画像をクリックっ))

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ
「もみの木ハウス・宮崎」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。