ハウスダストとは、室内に浮遊するちり、ほこりの事をいいます。

 

ハウスダストの約3割は、家の外から

残りの約7割は、家の中で発生するといわれています。

 

では家の中で発生するハウスダストのアレルギー主な③つの原因とは?

①カビ

②ダニ

③ゴキブリ です。

そして

この③つが活発に繁殖する 共通の条件があります。

それは「湿度

75~100%が発育条件がよくなる。

湿気が多く発生しやすいのは

調理中のキッチン、お風呂&洗面、トイレ。

そして室内干しをする部屋。

洗濯物5㎏から発生する水分量は約3ℓも出るらしい。

それと呼吸。家族の人数分だけ絶えず水蒸気が出ています。

 

湿気対策にはエアコンを利用しますが

この量をエアコンだけで除湿するはなかなか難しいかもしれません。

だからエアコンの設定温度と大量の除湿剤などが重要になってきます。

それでも除湿できなかった余分な水分は

クローゼットや衣類のタンスの裏にいったりして

カビを発生する原因になったりします。

もみの木の家の場合、一定の水分を入れたり出したりしてくれますが

ビニールクロスで覆われている一般住宅では

一時的に水分を預かれるところがないから

いろんなカビ対策が必要になります。

 

カビは空気中に胞子を飛ばして勢力を広げます。

そしてカビをエサにするダニが出ます。

そのダニをエサにするゴキブリが発生します。

ゴキブリは細菌性病原体を持っていますので、要注意です。

 

ハウスダストはアレルギー症状の原因となるといわれています。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや痛み

皮膚の炎症・かゆみ、肌の乾燥、喘息や咳などです。

 

今の住宅は高気密高断熱。

湿気はなかなか外には逃げてはくれません。

 

上記のアレルギーだった方が

もみの木の家に住みだして症状が軽減したというお声をいただきます。

もみの木の効果の1つ「調湿」。

家族の健康と大きく関係していると思います。

もみの木の家をイベントで体感

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
インスタグラム:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。