色々な会社が、色々な内装や外装の素材の事を説明してくれるのが住宅業界の常でしょう。

採用している素材がいかに良いものなのかを営業マンが力説するのが見学会や展示場でよく

見かける場面でしょう。そんな良い素材をなぜ採用しているのか??

そこを聞いてみるのが良いと思います。

「そこまで良い材料であれば全棟に採用されているのですか??」

ってね! ここで「はい。そうです!!」と答えた会社は凄い会社だと言えます。しっかりした

信念があり家づくりをしている事が、そこで分かるでしょうね!

でも多くの場合はそうではない。

「予算に厳しい場合は、お求めやすい商品の中からの選択になります」

なんて事を言い出すのが普通でしょうね。つまり、良い事だらけを言っていた材料も、予算が無い

場合は使わずに家を建てていく分けです。

お客様の資金力で素材がコロコ変わる。

量産メーカーなどもお客様の年収とかを聞いて、渡すカタログを変えますからね。色々な人に対応

できるように変化する事が大事なんでしょうね。大量生産をする場合はですね。

なので、家の商品開発などもどんな人をターゲットにするかで使われる材料とかも変わっていきます。

「これは、良いですよ!」って言う材料が人によって変わると言う事ですね。

よくある話が、

「この家には、県内産の針葉樹の無垢材が採用されています。県内産だし、木は人にやさしいですよ!」

「そうなんだけど、針葉樹の節が人の目みたいに見えて気持ちが悪いんだけど??」

「それならばこちらの材料はどうですか?? ブラックチークです!少しお値段は上がりますが節は

目立ちませんよ!」

「さっき、県内産が良いって言ってたよね?? こっちも良いの??」

「少々高いもので、なかなか勧めにくいのですが、良い材料です。どうですか??自分が使える最後の

量が後、一件分あります!」

「そうなんだ!! じゃあこれにしようか!!」

 

って、意味が分かりません。何が良いものなのか!全く具体的には分かりません。

多くの人は、雰囲気で素材など決めて家を建ててしまっています。

 

これから家づくりお考えの皆様に、少しでも家づくりの「楽しさ=快適に健康に過ごしてもらいたい!!

もみの木を知ってもらいたい!!、体感してもらいたい!!」との思いで、これからも更新していきます!!

 

もみの木の家をイベントで体感

代表者 小山 健(こやま けん)

小山健

新築・リフォーム・店舗改装はもちろん、ちょっとした修繕も「もみの木ハウス・わかやま」にお任せください。新しい技術とノウハウをもって誠心誠意お答えさせていただきます。

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
インスタグラム:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。