「収納は必要なところに必要な分だけ」

というのが基本になります。

家の大きさが決まっている場合、

収納を多くすれば居住スペースが減り

また居住スペースを広く取れば、

収納は減り居住スペースに物が出てくる事になります。

 

なので、収納スペースは必要以上に作らない、

逆に言えば、収納量以上の物は置かない方がいいと思います。

 

ですが、一時的に物が増える事はあります。

その時の為に多少の余裕の収納場所は必要だとは思います。

 

では、収納はどうすればいいのか?

人によって大きく変わるかもしれませんが

家全体で平均1人1.5畳~2畳程度が 丁度いいと考えています。

4人家族でいえば平均6畳~8畳分。

4人家族の家の大きさ平均30~35坪位。

その内、収納は平均3~4坪くらい。

私の経験上それくらいで十分だと考えます。

さらに、その収納をどこに配置するか?が

使い勝手を大きく左右することになります。

どこに何を収納するのか?見せる収納か?隠す収納か?

家族共有するのか?個人だけの収納か?

それによっても配置は変わってきます。

 

収納はあると便利ですが

逆にありすぎると

物が捨てられなくなる傾向がある。

そしていっぱいになってからの断捨離。

その頃には何をどこに何を置いていたかもわからない状態に。

また将来、夫婦二人になると考えると・・・

 

だから、そういう意味でもプロに任せた方がいい。

平均的な収納量と使いやすさを想定して配置する。

もみの木の家の場合

各部屋のじゅうたんやカーペット

そしてバスマット、トイレマット、キッチンマットが

不要になる分、収納スペースが増えたりします。

これって結構な量なので。。。

 

収納のために間取りが崩れた・・・使いづらい

とならないために気をつけたいポイントですね。

住宅資金アドバイザー 小山 麻紀

小山麻紀

住宅資金アドバイザーの小山 麻紀です。主に資金計画、住宅ローン、土地探し、家のコト、住まいに関わる全般をお手伝いしています。

もみの木ハウス・わかやま 公式アプリ

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・兵庫」のブログ

SNSやってます!

インスタグラム:公式ページ
Facebook:公式ページ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・和歌山」で当社が紹介されました。